東京株は今年初の続伸 4営業日ぶりに1万7000円回復

2016.1.25 15:16

 週明け25日の東京株式市場は、前週末の米国市場の株高や日欧の追加金融緩和期待などを背景に、日経平均株価は続伸した。終値は前週末比152円38銭高の1万7110円91銭で、終値としては19日以来4営業日ぶりに1万7千円台を回復。今年に入って平均株価が続伸したのは初めて。

 前週末の米ニューヨーク市場のダウ工業株30種平均は原油価格上昇を好感して大幅続伸。この流れを引き継いだ東京市場は、外国為替市場で一時1ドル=118円台後半まで円安ドル高に振れたことが追い風となり、平均株価の前週末比での上げ幅は一時249円に達した。中国・上海などアジアの株式市場が堅調だったことも支えとなった。

 みずほ証券の倉持靖彦投資情報部長は「年始からの霧が完全に晴れたわけではない。(日欧の追加緩和期待による)催促相場でいったん歯止めがかかったが、その後の状況を見極める段階に入った」と述べた。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。