来日中の台北市長、東京駅を絶賛 「土産物屋や飲食店多い。都市の美学だ」

2016.1.25 16:33

JR東京駅の赤れんが駅舎=東京都千代田区(松本健吾撮影)

JR東京駅の赤れんが駅舎=東京都千代田区(松本健吾撮影)【拡大】

  • 東京駅との姉妹駅の台湾北西部、新竹市の台湾鉄道・新竹駅=2015年2月(田中靖人撮影)

 日本を訪れている台湾の柯文哲台北市長は25日、東京駅を視察した。柯氏は、日本統治時代に建設された台湾北部の新竹駅が、東京駅と同じく百年以上の歴史を持つとしながらも、「東京駅は土産物屋や飲食店の種類が多く、とてもきれいだ。都市の美学と呼ぶべきで、台北には欠けているものだ」として、大いに学びたいと語った。

 約30分の視察で、柯氏は駅構内の案内表示や、新型の自動販売機に関心を示した。この日は続いて都議会を訪れた。

 外科医出身の柯氏は、2014年11月の台北市長選に無所属で出馬。野党、民主進歩党(民進党)の支持層を取り込み、中国国民党の連勝文候補を破って当選していた。

 柯氏は24日から1週間の日程で来日。2017年に台北で開かれる夏季ユニバーシアードに向け、東京五輪の準備状況などを視察している。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。