福島市、災害時にはドローンで情報収集

2016.1.26 11:12

 福島市が県内で初めて災害時の被害状況を把握するため優先的に無人航空機(ドローン)と操縦者を派遣してもらう協定をMTS&プランニング社(福島市)と締結した。同社はドローンを8機所有、専門の操縦者もいる。

 協定は、火山災害や大地震の被害状況の迅速な把握のほか、危険地帯に取り残された被災者の早期発見と救出ルートの確保などに威力を発揮するものと期待されている。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。