インド、仏戦闘機36機購入で原則合意 中国やパキスタンに対抗

2016.1.26 10:40

インドの首都ニューデリーで握手する同国のモディ首相(右)とフランスのオランド大統領=25日(ロイター)

インドの首都ニューデリーで握手する同国のモディ首相(右)とフランスのオランド大統領=25日(ロイター)【拡大】

 インドのモディ首相は25日、首都ニューデリーでフランスのオランド大統領と会談、インドがフランスのラファール戦闘機36機を購入することで原則合意した。購入額など詰めの交渉を続ける。インド西部ジャイタプールで原発6基を建設する計画や対テロ分野でも両国の協力で合意した。

 インドは台頭する中国や対立するパキスタンをにらみ、空軍の近代化を進めている。インドとフランスは2012年に同機126機の購入で合意したが、インドは技術移転や国内での一部製造を目指し、交渉が難航。このため、先行してフランス製造分の36機を購入することとした。

 共同記者会見したオランド氏は、パリ同時多発テロやインドで散発するイスラム過激派によるテロを念頭に「両国はテロの脅威に直面している」と指摘。モディ氏は「われわれは伝統的、戦略的なパートナー関係」と強調した。(共同)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。