上海株反発3%高 マイナス金利決定も好感

2016.1.29 18:39

 29日の上海株式市場は反発し、代表的な指標である総合指数は前日比3・09%高の2737・60で取引を終えた。値ごろ感のある銘柄が買われたほか、日銀がマイナス金利の導入を決定したことも好感され。相場を後押しした。

 市場関係者によると、このところの下落で割安感が出た銘柄を中心に買いが入り、ほぼ全面高となった。中小企業が多く上場する深センの株式相場が上昇したことも、冷え込んでいた投資家心理の改善に寄与した。

 ほかのアジア市場の主要株価指数も上昇した。香港のハンセン指数は2・54%高、台湾の加権指数は2・22%高だった。韓国・ソウルの総合株価指数(KOSPI)も上昇した。(共同)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。