アジア開銀、大気汚染対策で河北省に3億ドル

2016.1.29 05:01

 中国新聞社によると、アジア開発銀行(ADB)は「京津冀(北京市・天津市・河北省)の空気の質を改善する河北政策改革プロジェクト」実施に向け、河北省に3億ドル(約356億3400万円)の政策性融資を供与する。ADBが中国に政策性融資を行うのはこれが初めて。河北省財政庁が24日明らかにした。中国国営新華社通信(電子版)が伝えた。

 ADBの見通しによれば、当該プロジェクトは河北省が2012年の同省の石炭使用総量の4%に当たる約1240万トンの石炭使用量を年間に削減するのを支援する。また、大気汚染物質や温室効果ガスの排出を大幅に削減する上でも役立ち、この中では二酸化炭素(CO2)の排出量だけでも12年比で1800万トンの排出が削減される。同プロジェクトの融資期間は15年で、年利は1%前後。(RP=東京)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。