印 医薬品輸出額、伸び鈍化 20年までの予測 米など審査厳格化要因 (1/2ページ)

2016.1.29 07:43

インドの地場製薬会社の生産施設=西部マハラシュトラ州プネ(ブルームバーグ)

インドの地場製薬会社の生産施設=西部マハラシュトラ州プネ(ブルームバーグ)【拡大】

 インドの医薬品輸出が鈍化しそうだ。同国商工会議所連合(ASSOCHAM)と地場調査会社テックサイリサーチの報告によると、インドの医薬品輸出額の伸びは2015年から20年にかけて年平均7.98%と予測され、10~14年の同14.77%を大きく下回るとみられている。米国など主要輸出先がインドで製造される医薬品の品質管理の審査を厳格化していることが主な要因だ。現地紙エコノミック・タイムズなどが報じた。

 インドは、特許切れの医薬品と同成分で製造し安価なジェネリック医薬品(後発薬)で世界有数の製造国だ。同国では医薬品の特許に関する法律が他国と異なることなどが背景にある。

 インドの医薬品輸出全体のうち4分の1に相当する米国向け輸出額をみると、14年は前年比9%増の37億6000万ドル(約4466億円)で、伸び率は11年の38%から急減した。

米食品医薬品局(FDA)はインドの医薬品に対する品質管理の審査を…

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。