「黒田総裁の大胆さに感心」「マイナス金利は妥当」 サマーズ元米財務長官が評価 「FRBは間違い犯した」ゼロ金利解除に批判も 

2016.1.30 09:54

講演するサマーズ元米財務長官=29日、ワシントン(共同)

講演するサマーズ元米財務長官=29日、ワシントン(共同)【拡大】

 米国のサマーズ元財務長官は29日、首都ワシントンでの講演で「日銀の黒田東彦総裁は友達だ。彼のこれまでの仕事や大胆さに感心してきた」と話し、日銀のマイナス金利導入は「おおむね妥当だ」と評価した。

 「日本経済はインフレになるより、デフレに陥る危険性の方が高い」と分析。マイナス金利がデフレ脱却につながることに期待を示した。

 一方、米連邦準備制度理事会(FRB)については「過去数カ月に間違いを犯した」と述べ、物価低迷が続く中で昨年12月に事実上のゼロ金利政策を解除したことを暗に批判。「インフレの幻影と戦っているように見える」とした。

 サマーズ氏はクリントン政権で財務長官を務めた。最近ではFRB議長の座を現職のイエレン氏と争ったこともある。(共同)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。