イラン無人機が空母上空を通過 「異常で未熟な行為」米海軍が不快感

2016.1.30 17:14

 米海軍は29日、ペルシャ湾の公海上で1月12日にイランの無人機が米空母の上空を飛行したとして「異常で未熟な行為だ」と不快感を表明した。無人機は武装されておらず、空母の安全に問題はなかったという。ロイター通信などが報じた。

 米海軍によると、イランの無人機は、ペルシャ湾に展開中のフランスの原子力空母シャルル・ドゴールに接近した後、米原子力空母ハリー・トルーマンの上を通過した。ペルシャ湾では同じ日に、米海軍の小型船2隻がイラン側に拿捕された。

 イランのタスニム通信は29日、イラン海軍がホルムズ海峡からインド洋北部にかけての海域で軍事演習中に、無人機や潜水艦を使って米空母を至近距離から撮影したと伝えていた。(共同)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。