銀行株は大きく下落 収益悪化懸念が背景

2016.2.1 19:42

 1日の東京株式市場では日経平均株価が大幅続伸した半面、銀行株が大きく下落した。日銀のマイナス金利導入で貸出金利や国債利回りの低下を通じて収益悪化を余儀なくされることへの懸念が背景にあり、3メガバンクなど大手銀行のほか、資金の大半を国内で運用する地方銀行も下げた。

 終値でみた下落率は、3メガバンクの三菱UFJフィナンシャル・グループが5.46%、三井住友フィナンシャルグループが7.61%、みずほフィナンシャルグループが5.88%に達した。地銀では、東北の七十七銀行が11.75%、静岡県東部のスルガ銀行が10.57%下落。また日本郵政グループのゆうちょ銀行も8.02%安と下げがきつく、上場来の最安値を更新した。

 松井証券の窪田朋一郎シニアマーケットアナリストは「1日も国債利回りが大きく低下したため、資金運用が厳しくなるとの見方から、収益減を懸念した売りが広がった」と話した。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。