豪潜水艦受注、日仏対決に 米の難色で独脱落 現地メディア報道 (1/2ページ)

2016.2.1 07:12


【拡大】

 日本、ドイツ、フランスの3カ国が受注を競うオーストラリアの次期潜水艦導入計画で、米国の思惑などからドイツの可能性が後退し、受注は「日仏に収斂(しゅうれん)された」との観測が浮上している。豪メディアは、ドイツとの共同開発となった場合、中国の産業スパイなどから機密情報を守りきれるのか-という疑念から米国が技術提供を拒否する姿勢を示しているとも指摘。豪州と同じく米国の同盟国、日本の「そうりゅう型」が有望視されていると伝えている。

 豪州は、2020年代半ば以降、老朽化が進むコリンズ級潜水艦と入れ替えるため、新型潜水艦を8~12隻建造する。建造やメンテナンスなどを合わせ、総額500億豪ドル(約4・4兆円)相当の大型契約となる。

 日独仏は昨年、潜航能力やコスト、経済効果についての計画書を提出。豪政府は、今年半ばにも共同開発相手を決定する方針だ。

 広大な海洋に囲まれた豪州は、長い航続距離を可能にする4千トン級の潜水艦を予定している。だが、独造船企業ティッセンクルップ・マリン・システムズ(TKMS)は、既存の2千トン級潜水艦「214」型の大型化を提案。ロイター通信は、実績面などから、複数の業界関係者が「技術的に危険」とみなしていると指摘した。

日本案却下なら、「中国の外交と戦術上の勝利とみなされる」という米国の見方を紹介

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。