NY株続落、295ドル安 原油下落を嫌気

2016.2.3 07:59

 2日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は原油先物相場の下落が嫌気され、295・64ドル安の1万6153・54ドルと大幅続落で取引を終えた。下げ幅は約2週間ぶりの大きさだった。ハイテク株主体のナスダック総合指数も103・42ポイント安の4516・95と反落した。

 原油安に伴う石油業界の不振が雇用や消費に悪影響を及ぼすと懸念された。アジアと欧州の株安も投資家心理を悪化させた。

 この日のニューヨーク原油先物相場は約2週間ぶりに1バレル=30ドルを下回る安値で取引を終了。原油安と株安の連鎖が再び強まった。

 ダウはほぼ全面安で取引を終えた。下げ幅は一時340ドルを超えた。シェブロンなど石油関連が売り込まれたほか、石油業界への融資焦げ付きが心配されている金融関連も安かった。(共同)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。