東証、1万7千円割れ マイナス金利効果帳消し

2016.2.4 10:03

 4日午前の東京株式市場は、外国為替市場の円高ドル安を嫌気した売り注文に押された。日経平均株価(225種)は続落し、日銀が追加の金融緩和策としてマイナス金利を導入した1月29日以来、4営業日ぶりに一時1万7000円を割り込んだ。緩和効果が帳消しにされた形だ。

 午前9時15分現在は前日終値比101円94銭安の1万7089円31銭。東証株価指数(TOPIX)は11・72ポイント安の1394・55。

 米景気の先行き不透明感が強まってドルが売られ、マイナス金利導入前の水準まで円高ドル安が進んだ。このため日本の輸出企業の採算が悪化するとの懸念が強まり、売りが先行した。大手企業の2015年4~12月期決算発表で、中国経済の減速に伴う業績下振れが目立っていることも投資家心理を冷やした。

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。