東証 下げ幅拡大 一時400円安に迫る 円高を嫌気

2016.2.5 13:49

 5日後場の東京株式市場は、円高進行を嫌気し日経平均株価(225種)の下げ幅が一時400円近くまでに達し、1万6600円台半ばまで水準を切り下げた。

 13時12分時点では前日比415円04銭安の1万6629円95銭。東証株価指数(TOPIX)は35・53ポイント安の1353・28。

 外国為替市場で、米国の追加利上げのペースが緩やかになり、想定されたほど日米金利差は広がらないとの見方から円買いドル売りが優勢となった。一時1ドル=116円台後半と約2週間ぶりの円高水準となり、企業の輸出採算が悪化し、景気に打撃となると警戒され、東京株式市場では幅広い銘柄で売りが出た。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。