上海株は反落、0・63%安 旧正月連休前最後の取引

2016.2.5 18:01

 春節(旧正月)の大型連休前で最後の取引となった5日の上海株式市場は反落し、代表的な指標である総合指数は前日比0・63%安の2763・49で取引を終えた。昨年末比で21・9%安の水準。市場関係者によると、春節を控え材料に乏しく方向感の乏しい値動きだった。取引の量も低調だった。証券や不動産関連の銘柄が値を下げた。

 上海と深●(=土へんに川)の株式市場は週末の6日から春節休みを挟んで14日まで休場し、15日から取引を再開する。

 市場の観測では、年明け以降の株価下落幅が大きかったことから、春節連休明け後はある程度反発するが、本格的な市場心理の回復は見通せない状況だという。(上海 共同)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。