クリーンエネ投資を2020年までに倍増 米大統領、予算教書に盛り込みへ

2016.2.6 10:03

 オバマ米大統領は5日、ホワイトハウスで記者会見し、風力や太陽光などクリーンエネルギーの研究開発に対する投資額を2020年までに倍増させると発表した。9日に議会に提出する17会計年度(16年10月~17年9月)の予算教書に盛り込む。

 オバマ氏は、原油安は「いつまでも続かない」と指摘。今のうちに、原油に依存しない環境に配慮した街づくりを進めることが重要との認識を示した。クリーンエネルギーが普及すれば雇用が増え、賃金も上がると強調した。

 米国は二酸化炭素(CO2)などの温室効果ガス排出量が中国に次いで世界で2番目に多い。オバマ政権は、石油会社から1バレル当たり10ドル(約1170円)の新税を徴収し、環境に配慮した次世代交通網の整備に充てることも計画している。(共同)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。