東京株終値184円高 2営業日ぶり1万7000円台回復

2016.2.8 15:34

 週明け8日の東京株式市場の日経平均株価(225種)は5営業日ぶりに反発し、終値は前週末比184円71銭高の1万7004円30銭だった。円安・ドル高が進んで企業業績の先行き不安が薄らいだことなどから、心理的な節目の1万7000円台を2営業日ぶりに回復した。

 前週末の米株式市場では失業率が低下したことなどから、早期の追加利上げ観測が再燃してダウ工業株30種平均の下落につながった。東京市場も影響を受け、朝方は売りが優勢となった。その後は前週末までの4日続落による割安感などから買い戻された。

 7日の北朝鮮による事実上の弾道ミサイル発射について、大手証券関係者は「1日がたったことで投資家には落ち着きもみられるが、今後も北朝鮮の動きには注意が必要だ」と警戒感を示した。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。