貿易黒字5年ぶり高水準 旅行などサービスが稼ぎ手 訪日客消費の取り込みカギ (1/2ページ)

2016.2.8 21:32

 平成27年の経常収支が22年以来5年ぶりの高水準となったのは、訪日外国人の増加による旅行収支の大幅な改善など、貿易収支に代わる新たな“稼ぎ手”の台頭が大きい。経常収支の黒字拡大に向け、2020年の東京五輪開催を追い風に、観光などサービス分野で、訪日外国人の消費の取り込みをさらに加速できるかがカギとなりそうだ。

 旅行収支の53年ぶりの黒字化を牽引(けんいん)したのは、中国人観光客を中心とした訪日外国人の拡大だ。平成27年は前年比約47%増の1973万人と過去最高を更新した。これに伴い国内の百貨店や家電量販、ホテル、レジャーなどでの外国人消費が増加。日本人が海外で使うお金より外国人が日本で使うお金の方が多くなり、旅行収支を大きく押し上げた格好だ。

 日本百貨店協会によれば、27年の全国百貨店の訪日外国人客数は前年比約2.6倍に拡大。外国人売上高は1943億円と前年より1200億円増加した。同協会の井出陽一郎専務理事は「訪日外国人が大きく減ることは考えにくい」と期待を寄せる。

 政府は今後、訪日外国人を年3千万人に増やすことを視野に入れる。訪日客の訪問先が地方にまで広がれば、地域経済の活性化も見込まれる。そこで外国人がお金をたくさん使えば、旅行収支の黒字はさらに膨らむことにもなる。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。