街角景気2カ月ぶり悪化 中国減速・株価下落が影響

2016.2.8 22:09

 内閣府が8日発表した1月の景気ウオッチャー調査は、街角の景気実感を示す現状判断指数が前月比2.1ポイント低下の46.6となり、2カ月ぶりに悪化した。中国経済の減速や原油安による株価下落が響いた。指数の水準は好不況の判断の分かれ目となる50を6カ月連続で下回った。

 基調判断は、中国経済の減速などがみられるものの「緩やかな回復基調が続いている」と据え置いた。判断据え置きは10カ月連続。地域別では東北と北関東、沖縄を除く8地域で悪化した。

 判断理由では「年明けからの株価低迷が客の消費意欲を減退させている」(南関東の通信会社)や「暖冬や大寒波といった気象による影響が売り上げ悪化につながっている」(四国の百貨店)といった声があった。

 2~3カ月先の見通しを示す先行き判断指数は1.3ポイント上昇の49.5で、4カ月ぶりに改善した。ただ中国減速で「中国進出企業や輸出企業の採算性低下の懸念が出てきている」(北陸の金融業)と懸念する声も少なくなかった。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。