長期金利が初のマイナス 国債で損失の異常事態 円急騰、株も大幅下落 (1/3ページ)

2016.2.9 12:46

東京債券市場で長期金利が一時マイナスに低下、利率を示す株価ボード=9日午後、東京都中央区(川口良介撮影)

東京債券市場で長期金利が一時マイナスに低下、利率を示す株価ボード=9日午後、東京都中央区(川口良介撮影)【拡大】

 9日の債券市場で、長期金利が史上初のマイナス圏に突入した。住宅ローンや企業向け融資の目安で長期金利の代表的な指標である新発10年国債利回りは一時マイナス0・010%をつけた。

 世界経済の減速懸念や原油安から安全資産とされる国債に資金が集まり、利回りが急低下したためだ。東京外国為替市場の円相場も一時1ドル=114円台前半まで円高ドル安が進み、東京株式市場の日経平均株価も一時、下げ幅が900円を超えるなど波乱含みの展開となった。

 長期金利がマイナスになったのはスイスに次いで2例目。最も安全な運用資産とされてきた国債だが、マイナスの利回りで購入して満期まで保有すれば損失が出る異常事態となった。年金や保険などの運用で一段の環境悪化が避けられない状況といえそうだ。

 日銀は1月29日、マイナス金利の導入を決定し、今月16日からは金融機関が日銀に預ける当座預金の一部にマイナス0・1%の金利を課す。

これを受けて市場で取引される国債利回りに低下圧力がかかり…

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。