スマホの「生活必需品」化進む 新機能に強い関心 (1/3ページ)

2016.2.9 08:11

山西省太原市の携帯電話販売店で展示されているスマートフォン。消費者が関心を強く寄せているのは機能面だという(中国新聞社)

山西省太原市の携帯電話販売店で展示されているスマートフォン。消費者が関心を強く寄せているのは機能面だという(中国新聞社)【拡大】

 世界4大会計事務所の一つ、デロイト・トウシュ・トーマツは先頃「モバイル消費の大きな未来:2015年中国モバイル消費者動向」を発表し、消費者とモバイル端末の関係性に関する研究報告を行った。調査対象となったのは世界31カ国・地域で、中国では2000人に上るユーザーの関連データを収集。性別や年齢、社会的地位、仕事状況に基づいた分析が行われた。

 「壊れてから」1%

 それによると、消費者の66%が最新のデジタル端末に購入意欲を示しており、21%が新製品の発売後に買い替えを行うと回答。「壊れてから買い替える」と答えたユーザーはわずか1%にとどまっている。これらから、新端末への関心が高い場合、価格はあまり気にならない様子が明らかになった。

 また、携帯電話の購入では、90%超のユーザーが過去3年以内にスマートフォンを購入しており、このうち3分の1が昨年新たに購入していたことが分かった。

このことから、スマホの買い替え周期は早くなっており…

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。