タイ二輪車市場、今年は回復へ 政府が景気刺激策 3%増の172万台 (1/2ページ)

2016.2.9 07:51

二輪車に乗る男性ら。タイの二輪車市場は飽和状態とされるなか、大型二輪車は売り上げが伸びている=バンコク(ブルームバーグ)

二輪車に乗る男性ら。タイの二輪車市場は飽和状態とされるなか、大型二輪車は売り上げが伸びている=バンコク(ブルームバーグ)【拡大】

 タイの二輪車市場は今年、上向く見通しだ。同国の二輪車販売台数は2012年の213万台をピークに減少。昨年は同国陸運局に新規登録された二輪車台数が前年比1.6%減の167万台だった。現地紙バンコク・ポストなどによると、16年の同国の二輪車販売台数は、前年比3%増の約172万台に回復すると予測される。同国は長引く不景気により二輪車の販売台数が低迷していたが、政府による相次ぐ景気刺激策により内需拡大が見込まれ、売り上げを後押しするとみられている。

 ホンダの現地法人で同国二輪車市場のシェア8割を持つAPホンダは、政府が農村部の消費を拡大するために相次いで打ち出している刺激策に期待を示す。政府は昨年9月、農村部の活性化に向け1360億バーツ(約4488億円)規模の支援策を発表、今年1月にはさらに350億バーツを投入する方針を示した。農産物の加工施設の整備などを推進し、農村部の収入増を図る。

 APホンダは、今後の同国二輪車市場について、向こう2、3年は170万~180万台で推移するとの見方だ。同国は四輪車の普及拡大などにより二輪車の販売台数は200万台で頭打ちとみられており、今後、大幅な販売台数の増加は見込めないとされる。

一方で、排気量500cc以上の大型二輪車の売り上げは好調だ

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。