中国軍艦、千葉県の房総沖を往復 防衛省「特異な動き」

2016.2.9 10:25

 防衛省は8日、中国海軍のドンディアオ級情報収集艦1隻が4日から8日にかけ、千葉県の房総半島南東沖に位置する接続水域の外側を、数回往復航行したと発表した。同様の航行が確認されたのは、昨年12月下旬に続き2回目。防衛省は「特異な動き」としており、航行の目的や意図を分析している。領海への侵入はなかった。

 防衛省によると、航行したのは4日午前5時ごろから8日午前7時ごろまで。同海域を南西に進み、反転して北東に航行する動きを繰り返したという。

 1月26日以降、対馬海峡や津軽海峡でも航行が確認されている。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。