米IT大手の「寡占化」を調査 経産省と公取委が実施へ

2016.2.10 19:29

 経済産業省と公正取引委員会は10日、合同でインターネットを利用した電子商取引の実態調査を行うと発表した。ネット市場では、グーグルやアマゾン、アップルなど米大手の寡占化が進み、競合他社の自由な競争が損なわれているとの見立てがある。国内事業者のヒアリングを通じ、問題があれば独占禁止法を適用するほか、政府の成長戦略にも対応策を盛り込む。

 ヒアリングは今月後半から約2カ月間、電子商取引に関わる事業者や電子機器の製造業者、映像・音楽・ゲームなどコンテンツの製作者らを対象に行い、取引内容や契約の実態などを調べる。経産省は3月末まで専用サイトも設置し、情報提供を受け付ける。

 同様の調査は既に欧州連合(EU)が始めている。EUの調査では、グーグルがネット上の比較買い物サービスの検索結果で自社が有利になるよう操作したことや、アマゾンが出版社に対し競合他社に有利な条件を提供する場合は通知するよう求めたことなどが問題だと指摘している。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。