北朝鮮ミサイル発射 「衛星打ち上げ」で祝賀ムード、称賛報道続く

2016.2.10 13:05

北朝鮮北西部の東倉里から打ち上げられるロケット。事実上の長距離弾道ミサイルとみられる=7日(共同)

北朝鮮北西部の東倉里から打ち上げられるロケット。事実上の長距離弾道ミサイルとみられる=7日(共同)【拡大】

 「人工衛星打ち上げ」として事実上の長距離弾道ミサイルを発射した北朝鮮では国営メディアが連日、打ち上げを「大慶事」とたたえるなど祝賀ムードが続いている。首都平壌では10日までに、打ち上げに関するスローガンも街頭に設置され始めた。

 10日は旧正月の連休の最終日。市中心部の「万寿台の丘」に立つ故金日成主席と故金正日総書記の銅像には、朝から献花に訪れる市民らの姿が見られた。

 大通り沿いには「旧正月をお祝いします」「慶祝」といった看板が並ぶ。「衛星打ち上げに成功した勢いで総進軍を力強く推し進めよう」とミサイル発射に絡めて国民を鼓舞するスローガンも早速登場した。4回目の核実験やミサイル発射に対する国際社会の非難の高まりを意識した様子はあまり見受けられない。(共同)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。