【高論卓説】日銀の壮大な実験 マイナス金利は「氷の世界」 (1/4ページ)

2016.2.11 09:04

 水は高い所から低い所へと流れる。お金はそれとは逆に基本的に低い所から高い所へ利を求めて移動する。しかし、それはあくまで平時での常識なのかも知れない。はたして金利がマイナスとなる世界ではどうなのか。日銀が16日から導入する「マイナス金利」の世界は未知の領域を予感させる。

 日銀のマイナス金利導入を前に、銀行の預金金利は相次いで引き下げられ、1年定期と普通預金の金利が同じになり、預け入れ期間が10年までの定期預金の金利がすべて同じになった銀行もある。本来、普通預金よりも定期預金の金利は高いというのが常識であり、預け入れ期間が長い定期預金の方が金利は高いはずだが、もはやその常識は通用しない。

 また、9日の債券市場で、長期金利の指標となる満期までの期間が10年の国債の流通利回りがマイナスとなった。利回りがマイナスになるのは、世界的にも異例でスイスについで2例目。利回りがマイナスとなった国債を満期まで保有すると損が出ることになる。異次元緩和に伴い既に期間9年までの国債の流通利回りはマイナスとなっていた。

10年物国債の利回りは、住宅ローンや企業向け融資のベース金利と…

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。