【世界市場混乱】東京市場、株価続落 一時1万5000円割れ 

2016.2.12 09:40

 12日の東京株式市場の日経平均株価(225種)は続落で始まり、一時、下げ幅が700円を超えたほか、株価も1万5000円台を割り込んだ。

 世界経済の成長鈍化に伴って欧州で銀行の財務状況が悪化しているとの見方が消えず、安全資産とされる円が買われたことで円高が進んだ。欧米での株価下落も嫌気された。

 11日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は5営業日続落し、前日比254・56ドル安の1万5660・18ドルと、終値で2014年2月6日以来約2年ぶりの安値で取引を終えた。アジアと欧州でも株価が下落し、株安の流れが波及した。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。