東京円、112円台前半 米利上げ観測の後退で大幅続伸

2016.2.12 11:03

 12日午前の東京外国為替市場の円相場は大幅続伸し、1ドル=112円台前半で取引された。

 午前10時現在は、休日前の10日に比べ2円48銭円高ドル安の1ドル=112円40~43銭。ユーロは2円46銭円高ユーロ安の1ユーロ=127円12~13銭。

 イエレン米連邦準備制度理事会(FRB)議長が議会証言で追加利上げを慎重に判断する考えを示し、米国が早期に利上げに踏み切るとの観測が後退した。日米の金利差が縮小するとの思惑から、円を買ってドルを売る動きが優勢となった。

 11日の海外市場では、欧米の株安や原油安を背景に投資家の消極姿勢が強まり、比較的安全な資産とされる円に買いが集中した。円の対ドル相場は一時、約1年3カ月ぶりの高値水準となる1ドル=110円台に急騰した。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。