【世界市場混乱】菅官房長官、株価下落で「内外の情勢を注視」

2016.2.12 11:06

 菅義(よし)偉(ひで)官房長官は12日午前の記者会見で、東京株式市場の日経平均株価が一時、1万5000円台を割り込んだことについて「このところの市場心理は悲観的すぎる感がある。市場の動きに右往左往せず、先進7カ国(G7)や国際社会と連携し、内外の情勢を注視していく」と述べた。

 円高が進む為替市場の動向については「急激な相場の変動は望ましくない。かなり粗い値動きがあるが、必要に応じて適切に対応する」と言及。今月下旬に中国・上海で開催される20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議で「昨今の金融市場の状況を踏まえた政策協調について検討を進めたい」と述べた。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。