ラガルド専務理事続投へ IMF、対立候補なく締め切り

2016.2.12 00:54

IMFのラガルド専務理事(ロイター)

IMFのラガルド専務理事(ロイター)【拡大】

 国際通貨基金(IMF)は11日、次期専務理事の立候補を10日に締め切り、現職のラガルド氏(60)以外に候補者が出なかったと発表した。ラガルド氏の続投が固まった。早ければ2月中にも正式決定する。

 7月5日に任期満了を迎えるラガルド氏は、早くから続投に意欲を示し、IMFへの出資比率が1、2位の米国、日本など主要国は相次いで支持を表明。中国や韓国も続投を支持した。 フランスの経済閣僚だったラガルド氏は2011年7月、女性暴行容疑で辞任したストロスカーン氏の後任として、女性初の専務理事に就任した。

 任期中にギリシャやウクライナへの支援策をまとめたほか、中国の通貨、人民元をドルや円などと並ぶ主要通貨に認定した。IMFに対する新興国の出資比率を引き上げて、運営に深く関与できる改革の実現にも尽力した。(共同)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。