【世界市場混乱】原油、12年9カ月ぶり安値 NY市場、一時26・05ドル 供給過剰、世界経済を懸念

2016.2.12 08:35

 11日のニューヨーク原油先物相場は、長引く過剰供給や世界経済の先行きへの懸念から続落し、指標の米国産標準油種(WTI)3月渡しは、時間外取引で一時1バレル=26・05ドルに落ち込んだ。2003年5月以来、約12年9カ月ぶりの安値水準。

 この日は前日比1・24ドル安の1バレル=26・21ドルと6営業日続落で通常取引を終了した後、時間外取引でさらに値を下げた。その後はアラブ首長国連邦(UAE)のエネルギー相が協調減産に言及したと報じられ、やや値を戻した。

 前日の石油輸出国機構(OPEC)の月報が加盟国の原油生産量の増加を報告したことに加え、11日は米国の在庫が増えたと伝わったことで、世界的な供給過剰状態は長引くと警戒された。

 世界経済の先行き不安から欧米で株価が急落し、投資家がリスク回避姿勢を強めたことも、リスクの高い資産とされる原油先物の売りにつながった。(共同)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。