【変調経済】「巨大なリスク」と警鐘 ソロス理論に注目 投資家不安の相互作用か

2016.2.12 14:49

 米利上げや中国人民元安、原油安などが世界的な株安に連鎖する市場動乱の背景を、12日付の英紙フィナンシャル・タイムズ(アジア版)は、米著名投資家、ジョージ・ソロス氏の投資理論「reflexivity(リフレキシビティ=相互反射性)」を用いて説明している。

 同紙は、米FRBや日銀など世界の中央銀行の狙いと反作用する世界的な連鎖安について、「市場が独自の現実をつくりあげ、それがさらなる資産価格の下落と経済成長の低迷を強いている」と指摘。ソロス氏が「リフレキシビティ」と呼んだ状況と解説し、投資家が直面する「巨大なリスク」と警鐘を鳴らした。

 同紙の金融コラムニスト、ジュリアン・テット氏も同日付のコラムで、価格下落と投資家の不安が相互作用で増幅された市場は「ソロス氏が『リフレキシビティ』と表現した状態を示している」と指摘する。

 もともと、ソロス氏が1980年代後半に自著の中で提起した投資理論。同氏は最近では、中国の人民元・株安ショックに「ハードランディングは不可避」と発言し物議を醸した。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。