1月の中国貿易14%減 マイナスは11カ月連続、世界経済の波乱要因に (1/2ページ)

2016.2.15 21:11

 【上海=河崎真澄】中国税関総署が15日発表した1月の貿易統計によると、輸出と輸入を合わせた総額は2917億ドル(約33兆2500億円)で、前年同月比14・3%減と2桁の落ち込みを記録した。輸出入総額のマイナスは11カ月連続。中国製品の国際競争力低下や、世界からモノを買う力が衰えたことも浮き彫りになった。成長エンジンの失速は世界経済への波乱要因になる。

 輸出は11・2%減の1775億ドル、輸入は18・8%減の1142億ドル。前年同月割れは輸出が7カ月連続、輸入は15カ月連続だった。輸出から輸入を差し引いた貿易収支は633億ドルの黒字だったが、輸出入とも減少傾向にある。

 輸出の地域別で、1月は最大貿易相手先である欧州連合(EU)向けが11・9%減り、東南アジア諸国連合(ASEAN)は17・9%減。昨年通年でプラスを維持した米国は一転して9・7%のマイナス。日本向けは5・3%減だった。

 輸入減は原油価格の下落傾向も一因だが、輸出不振で部品や原材料の輸入が減ったことや、不動産市況低迷で内需不振が長引いたことが大きく響いた。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。