ガソリン21週ぶり値上がり 113円50銭、原油上昇

2016.2.17 16:44

 経済産業省資源エネルギー庁が17日発表した15日時点のレギュラーガソリン1リットル当たりの全国平均小売価格は、8日の前回調査より30銭高い113円50銭となった。原油の国際市場価格が一時上がったためで、前週と同水準だった週を含め21週ぶりに値上がりした。軽油も32週ぶりに価格が上昇した。

 ただ、産油国による協調減産に向けた動きは出ているが、実効性のある減産につながる可能性は低く、原油価格は下落基調から脱出できていないのが現状だ。調査した石油情報センターは「来週は石油元売りからの卸価格が再び下落するだろう」と予測している。

 地域別では25都道府県が上昇した一方、18県で下落。4県が横ばいだった。上げ幅は宮城の4円10銭が最大で、秋田と沖縄がそれぞれ1円60銭で続いた。下げ幅は徳島の1円30銭が最大で、次いで岩手と宮崎がそれぞれ80銭の値下がりだった。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。