被災地支援、大阪・東京で東北物産展

2016.2.17 05:00

「山田の牡蠣くん」

「山田の牡蠣くん」【拡大】

 東日本大震災で大きな被害を受けた岩手、宮城、福島の3県の食品業者など約40社が参加した物産展が16日、近鉄百貨店上本町店(大阪市)で始まった。中小企業基盤整備機構が主催し、被災地業者の販路開拓を支援するのが狙い。「山田の牡蠣くん」(岩手県山田町)は大粒のカキの薫製の瓶詰(1300円)を販売。「八葉水産」(宮城県気仙沼市)は東北沿岸で漁獲したイカを使った塩辛(432円)が目玉商品。機構主催の物産展は3月10~16日に東京の京王百貨店新宿店でも開く。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。