米司法省、テロ容疑者のiPhoneロック解除強制求め申し立て

2016.2.20 17:22

北京のアップルストアに展示されるiPhone(AP)

北京のアップルストアに展示されるiPhone(AP)【拡大】

 米司法省は19日、昨年12月のカリフォルニア州での銃乱射テロで容疑者が使っていたiPhone(アイフォーン)のロック機能解除を拒んだIT大手アップルに解除を強制するよう求める申し立てを同州連邦地裁に起こした。

 アップルは個人情報保護を理由に拒否している。治安維持とのバランスをめぐり政府と企業とのせめぎ合いが深まった。

 ワシントン・ポスト紙によると、司法省側は協力を拒んだアップルについて「自社の評判への悪影響」を懸念したためだと対応を批判した。

 問題のアイフォーンは、14人を殺害後に射殺された容疑者夫婦の夫が使っていた。夫婦は事件前にソーシャルメディアで過激派組織「イスラム国」(IS)への忠誠を誓っていたとされ、捜査当局はアイフォーンのデータが事件解明の鍵を握るとみている。(共同)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。