「円高圧力」根強く 東京市場で一時1ドル=111円64銭 G20での国際協調に注目

2016.2.24 20:06

 外国為替市場で円高圧力が強まっている。24日の海外市場で円相場は対ドルで大きく上昇し、一時1ドル=111円台前半と約2週間ぶりの円高ドル安水準となった。原油相場の下落傾向や株式相場の軟調などを背景に、投資家はリスク回避姿勢を強めており、比較的安全な資産とされる円は買われやすくなっている。

 円は今月11日に一時1ドル=110円台後半まで急騰。その後は1ドル=114円台に戻ったが、足元では再び円高基調となり、11日の水準に近づいている。

 「円高に振れすぎている」。経団連の榊原定征会長は24日の記者会見でこう指摘し、この水準のままでは、平成28年3月期決算で「企業業績に直接影響してくる」と懸念を示した。

 日銀のマイナス金利導入で、当初は日米金利差が拡大して円安ドル高に振れるとみられたが、米国経済の減速懸念から早期の追加利上げ観測が後退し、円高ドル安が進んだ。不安定な原油相場も、日米欧などで株価下落を招き、リスク回避の円買いを誘っている。

 足元では、英国の欧州連合(EU)からの離脱観測も、対ユーロや対ドルでの円高につながっている。市場では「1ドル=110円を超えて大きく円高ドル安が進めば当局が動く可能性がある」(三井住友アセットマネジメントの市川雅浩シニアストラテジスト)と為替介入への警戒感がある。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。