東京市場で一時1ドル=111円 円高圧力 ユーロも122円 (1/2ページ)

2016.2.25 06:00

 外国為替市場で円高圧力が続いている。円相場は、24日の東京市場で一時1ドル=111円64銭と約2週間ぶりの円高ドル安水準となり、同日の海外市場では対ユーロでも一時1ユーロ=122円台後半まで上昇。米国の早期追加利上げ観測の後退や株式相場の軟調などが背景にあり、円相場への警戒感が強まっている。

 「円高に振れすぎている」。経団連の榊原定征会長は24日の記者会見でこう指摘し、この水準のまま3月末を迎えれば、2016年3月期決算で「企業業績に直接影響してくる」と懸念を示した。

 日銀のマイナス金利導入で、当初は日米金利差が拡大して円安ドル高に振れるとみられたが、米国経済の減速懸念から早期の追加利上げ観測が後退し、円高ドル安につながった。不安定な原油相場も、日米欧などで株価下落を招いて投資家のリスク回避姿勢を強め、円の買いを誘っている。

足元では、英国の欧州連合(EU)からの離脱懸念の強まりで…

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。