普天間移設 中谷防衛相「2022年度の返還」を米側と再確認 

2016.2.26 12:09

 中谷元(げん)防衛相は26日午前の記者会見で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の返還時期について、「2022年度またはその後」とする日米合意を維持し、名護市辺野古への移設計画を進めていくことを、米国防総省と確認したと明らかにした。米太平洋軍のハリス司令官は上院軍事委員会で、返還の前提条件となる辺野古移設が25年になるとの見通しを示していたが、打ち消した形だ。

 中谷氏は「移設計画をこれまでと同様、日米間で緊密に協議しながら着実に進めることが重要だと確認した」と指摘。「順調に進めば移設工事は5年で完了する」とも述べた。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。