働き方改革、安倍首相「次の3年間の最大のチャレンジ」 1億総活躍対話集会で表明

2016.2.28 18:31

1億総活躍社会の実現に向けた対話集会で、意見交換する安倍首相(右から3人目)。左端は加藤1億総活躍相=28日午後、東京・霞が関

1億総活躍社会の実現に向けた対話集会で、意見交換する安倍首相(右から3人目)。左端は加藤1億総活躍相=28日午後、東京・霞が関【拡大】

 安倍晋三首相は28日、東京都内で開かれた「1億総活躍社会の実現」に関する対話集会のスピーチで、働き方改革について「安倍内閣の次の3年間の最大のチャレンジだ」と述べ、政権の最重要課題として位置付ける方針を明らかにした。

 首相は「1億総活躍社会に向け、一人一人の事情に応じて多様な働き方が可能な社会への変革に取り組む」と強調。その上で(1)非正規雇用の待遇改善(2)長時間労働の是正(3)高齢者の就業促進-の3点を働き方改革の柱にすると述べ、同一労働同一賃金など対応策を5月にも取りまとめる「ニッポン1億総活躍プラン」に盛り込む考えを示した。

 首相は、職業訓練中の若者やシルバー人材センターの高齢者、保育士、介護職員ら12人の登壇者とも意見交換。パート勤務の46歳女性が子育てで長期離職した後も正社員として再就職できる仕組みづくりを訴えたのに対し、首相が「職場復帰にあたりトレーニングを受けられるコースがあった方がいいと思うか」と質問する場面もみられた。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。