東証、上げ幅一時200円超 G20声明や円安傾向を好感 その後伸び悩む…

2016.2.29 12:08

 週明け29日の東京株式市場は、中国・上海で開かれた20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議で市場安定に向け政策を総動員する姿勢を示したことを好感し、日経平均株価は続伸。為替相場の円安ドル高も投資家心理を支えた。上げ幅は一時200円を超えたが、その後は利益確定売りや上海市場の株価下落を受けて急速に伸び悩む場面もあった。午前終値は前週末終値比66円82銭高の1万6255円23銭。

 G20の声明では、主要国が財政出動や構造改革を加速して経済を下支えしていく方針を共有。「年初からの市場混乱に一定の配慮を示したという点では前向きに評価できる」(大手証券)との見方から、リスク資産である株式を買う動きにつながった。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。