韓国、今度は映画界に圧力? 「釜山映画祭」幹部を事実上更迭

2016.2.29 19:15

韓国の朴槿恵大統領

韓国の朴槿恵大統領【拡大】

 韓国南部の釜山で毎年秋に開催される釜山国際映画祭の組織委員長を務める釜山市の徐秉洙市長が、朴槿恵政権に批判的なドキュメンタリー作品を上映した組織委幹部を事実上更迭し、映画界の反発が強まっている。今秋の映画祭開催も不透明になってきた。

 問題になった作品は、2014年の旅客船セウォル号事故での政府対応を批判的に描いた「ダイビング・ベル」。14年の映画祭に出品され、市は映画界出身の李庸観・組織委執行委員長に上映中止を求めた。李氏らは「映画祭では作品の価値を基準に上映作を選定すべきだ」として応じず、上映に踏み切った。

 市はその後、監査で問題が見つかったとして李氏に辞任を要求。映画界は「上映への報復だ」と反発した。李氏の任期は26日までで、25日に開かれた組織委総会で映画人らが再任手続きを求めたところ、徐市長が閉会を宣言し、総会は終了。李氏は任期切れで執行委員長職を離れた。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。