ソウル市が慰安婦映画「鬼郷」を特別上映 公開から100万人以上が観賞

2016.3.1 15:34

慰安婦像=韓国・ソウル【撮影日:2015年03月31日】

慰安婦像=韓国・ソウル【撮影日:2015年03月31日】【拡大】

 韓国・ソウル市は29日、日本統治下の朝鮮半島で1919年に起きた独立運動記念日の3月1日に、慰安婦を描いた2月公開の韓国映画「鬼郷」を市内の文化施設で特別上映すると発表した。市は「慰安婦として連行された20万人の少女の物語を市民が観賞する機会を広げる目的だ」としている。

 映画は元慰安婦の女性らの証言を基に製作。慰安婦として家族と引き離された少女らの悲劇のほか、強制連行や暴行など日本軍の残虐性を描き、2月24日の公開から既に100万人以上が観賞した。(共同)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。