“やられたら100倍返し”で罵るのはトランプ氏の「ビジネス哲学」 (1/3ページ)

2016.3.3 11:05

1日、米中西部オハイオ州コロンバスの空港で演説するトランプ氏(AP)

1日、米中西部オハイオ州コロンバスの空港で演説するトランプ氏(AP)【拡大】

 米大統領選のスーパーチューズデーで快勝した共和党のドナルド・トランプ氏の選挙手法の源流をたどると、同氏の「ビジネス哲学」に行き着く。

 「ジ・アート・オブ・ザ・ディール」。インターネットの世界で、こんな題名の映画が話題をさらっている。題材となったのは、トランプ氏が1987年に刊行した同名の著作だ。不動産開発で名をはせたトランプ氏の「ビジネス哲学」を紹介している。

 実のところ、同映画は「お笑い」で知られるウェブサイトが配信したパロディーである。特殊メークでトランプ氏そっくりに変装した大物俳優のジョニー・デップ氏が、「あれも欲しい、これも欲しい」と子供のように駄々をこねる。

 映画はトランプ氏批判が目的なのだが、あまりにも視聴者が増えてしまい、続編を求める声が強まった。製作者の意図とは裏腹に、「トランプ人気」に拍車をかけてしまったのだ。

世間ずれしたトランプ氏は口が達者なニューヨーカー

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。