インドネシア、保冷貯蔵の外資規制を緩和 100%出資可能に (2/2ページ)

2016.3.4 05:00

西部バンダアチェ州の魚市場。インドネシアは保冷貯蔵の整備拡充で東部の漁業振興を目指す(ブルームバーグ)

西部バンダアチェ州の魚市場。インドネシアは保冷貯蔵の整備拡充で東部の漁業振興を目指す(ブルームバーグ)【拡大】

 課題になるとみられているのは保冷貯蔵施設を稼働させる電力の供給だ。特に政府が外資に進出を期待する東部はインフラが未整備の地域も多く、進出の妨げとなる可能性がある。

 スシ海洋・水産相は緩和にあたって「既に投資家からの問い合わせを受けており、東部を推奨するつもりだ」と述べたが、電力供給については説明を避けた。

 またARPI幹部は、産業発展につながるとして政府の決定を歓迎する一方、施設に使用する設備や機材などは外国からの輸入に頼っていると指摘。投資の際に機材製造工場の国内設置を義務付けるなどの規制を設け、技術力向上と雇用増につなげるべきだと注文をつけた。外資による施設建設を承認するとしても、機材の現地調達率の向上と地元民の雇用を積極的に求めていくべきだとの考えだ。

 保冷貯蔵分野への外資流入を加速させ、産業の育成や東部の発展につなげられるか、政府のかじ取りも重要になっていきそうだ。(シンガポール支局)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。