「世界一汚い」中国の“恥部” 流さず、体洗い、便器外排泄…トイレ革命に本気 (1/5ページ)

2016.3.6 17:06

中国・重慶で3000平方メートル以上の敷地に1000以上の便器が並ぶ4階建ての巨大公衆トイレ。中国は現在、「トイレ革命」と銘打って衛生面や使用時のマナー改善を進めているという(AP)

中国・重慶で3000平方メートル以上の敷地に1000以上の便器が並ぶ4階建ての巨大公衆トイレ。中国は現在、「トイレ革命」と銘打って衛生面や使用時のマナー改善を進めているという(AP)【拡大】

  • 2010年の中国・上海万博で登場した“世界一”のトイレ。金ピカだ
  • 中国・上海での住宅設備の見本市で展示された日本メーカーのトイレ。市場は大きいが競争も激しい。最近ではトイレの衛生面や使用時のマナー改善が叫ばれているという(2012年5月撮影)
  • 中国国家観光局のホームページで中国のトイレを説明する欄に載っているトイレの写真

 急激な経済成長を遂げる中国で、なかなか進まないのが「世界で最も汚い」とされるトイレの改善だ。中国当局は、昨年初めに「トイレ革命」を展開すると宣言し、観光地などで大規模なトイレの新設と改修を進めている。また、最近になり、観光地のトイレでのマナー違反者を「観光客ブラックリスト」に載せて公表する、と発表した。トイレ美化への本気度をアピールし、“恥部”の克服を図ろうと躍起になっている。

 本気度をアピール

 中国メディアが報じたところによると、中国国家観光局が2月中旬、今年のトイレの美化事業に125億元(約2250億円)以上を投入することを明らかにした。

 衛生面の評判が悪いトイレを改善するため、観光地のトイレを中心に新設と改修を大規模に進める計画という。

 一方で国家観光局は、観光地のトイレでマナー違反の行為をした者を「観光客ブラックリスト」の対象にすることを検討していることも明らかにした。

中国の公衆トイレでは、使用済みのペーパーを流さずに…

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。