インド郵便局の小包急増、ネット通販追い風 過去2年で15倍に (1/2ページ)

2016.3.8 07:58

インディア・ポストの配達車両。インドの郵便配達網は世界最大を誇る=西部ムンバイ(ブルームバーグ)

インディア・ポストの配達車両。インドの郵便配達網は世界最大を誇る=西部ムンバイ(ブルームバーグ)【拡大】

 インドの国営郵便局インディア・ポストは小包の配達が急増している。同国では電子商取引市場が拡大するなか、全国に配達網を持つ郵便局の小包取扱量が過去2年で15倍に増加し、現在、1日当たりの取扱量は7万5000個に達した。インディア・ポストはインターネット通販の普及を追い風に赤字経営からの脱却を図る。現地紙ビジネス・ラインなどが報じた。

 インディア・ポストは1854年に設立され、従業員46万人を擁する。全国に15万5000カ所の郵便局を配置、その約9割が地方部に位置しており、世界最大の郵便ネットワークを誇る。

 同国では廉価なスマートフォンやネット通信環境の整備などに伴い、地方部でのネット通販が拡大している。その一方で、地方部での物流サービスを扱う配達業者はまだ数少ない。そのため、ネット通販各社は郵便局との提携を進めている。

 インディア・ポストは過去2年で、米アマゾンや地場通販最大手フリップカートなどを含む電子商取引企業400社と配送業務で提携した。

郵便局の小包配達は、品物を受け取ってから手渡しで…

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。