【東京市場の注目銘柄】(8日)豊田合成、7.1%安 (1/2ページ)

2016.3.9 05:00

 ≪自動車部品の拡販ペース鈍化≫

 ■豊田合成(7282) 前日比7.1%安の2093円。三菱UFJモルガン・スタンレー証券は投資判断を「中立」から「アンダーウエート」に引き下げた。従来は自動車部品事業のトップライン(売上高)の強さを評価していたが、2015年10~12月期(第3四半期)の系列平均を下回る伸び率を考慮し、拡販ペースの鈍化を織り込んだ。16年3月期と来期の営業利益予想を下方修正。新たな目標株価は1900円。

 ■スズキ(7269) 3.8%安の2831.5円。海外で転換社債(CB)2本を発行。総額2000億円で印グジャラート四輪子会社の増資資金などに充当する。転換価額は4120円。ゴールドマン・サックス証券は資本政策の不透明感が解消される一方、潤沢なネットキャッシュを有するスズキがCB発行に踏み切った背景は議論の余地があろうと指摘した。

 ■花王(4452) 1.3%高の5732円。みずほ証券は目標株価を7300円から7900円へ引き上げた。内外の好調なファンダメンタルズを背景に、収益率や株主資本利益率(ROE)水準でみた競争力は欧米企業に追いつくまで高まってきたと分析した。

 ■ピジョン(7956) 5.5%高の2767円。16年1月期営業利益は前期比14%増の145億円。今期予想は前期比3.3%増の150億円。野村証券は17年1月期以降の同証券予想を下方修正しながらも、中国ではほ乳瓶需要や競争力がそがれる要素は特段なく、中長期的な業容拡大見通しに変更はないと分析した。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。