シャラポワ陽性の禁止薬物「メルドニウム」 500選手が使用か

2016.3.10 13:18

7日、ロサンゼルスで記者会見する女子テニスのマリア・シャラポワ(AP)

7日、ロサンゼルスで記者会見する女子テニスのマリア・シャラポワ(AP)【拡大】

 アゼルバイジャンのバクーで昨年初開催された欧州の総合競技大会で約500選手が1月に世界反ドーピング機関(WADA)禁止薬物リストに加えられた「メルドニウム」を使っていた可能性があることが9日、英スポーツ医学専門誌の調べで分かった。英BBC放送などが報じた。メダリスト13人が含まれているという。

 競技力向上効果があるとされるメルドニウムは不整脈などの治療に使われ、女子テニスのシャラポワ(ロシア)が1月の検査で陽性反応を示して暫定資格停止処分を受けた。昨年は「監視リスト」の段階で違反に問われないが、調査結果で「さまざまな競技種目の選手に度を超えた不適切な使用が広がっていた実態が浮き彫りになった」と結論づけている。(共同)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。