香港格付け見通し「弱含み」に引き下げ 米ムーディーズ「中国の政治介入がマイナス要因」

2016.3.12 17:43

 【上海=河崎真澄】米格付け大手ムーディーズ・インベスターズ・サービスは12日、香港の信用格付け見通しを「安定的」から「ネガティブ(弱含み)」に引き下げた。格付けは最上位から2番目の「Aa1」に据え置いたが、格付け引き下げも視野に入れている。

 ムーディーズは、1日に中国の格付け見通しを同じく「安定的」から「ネガティブ」に引き下げたばかり。「政治や経済、金融で中国本土と深く結び付いており、香港の信用度は今後も中国の後を追う」と説明し、中国経済に大きく左右される香港に対しても一段と慎重な見方を示した。

 今後の方向性については「中国本土との政治的な結び付きの強まりが香港の制度的な長所を圧迫する」と懸念。中国からの政治的介入が、規制の少ない自由な市場環境で発展してきた香港のマイナス要因になるとの見方を示した。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。